三人の子育てをしつつ、会社経営をする
*
ホーム > 日記 > スプレッドが狭い

スプレッドが狭い

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを売買して儲けを上げる取引です。

 

売買の価格は、変動しています。

 

それがレートです。

 

インターネットを見ていると外貨の為替相場のニュースが流れる場面があります。

 

よくあるのが「今のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを意味しています。

 

買いと売りの値があります。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと表しているFX取引会社もあったりします。

 

普通は買値よりも売値が低い値段に決定されています。

 

買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。

 

この差分をスプレッドといい、FX取引会社の利益の1つになっています。

 

スプレッドの幅は業者によって変化します。

 

スプレッドの差は投資家にとって出費になるので、低い業者をピックアップしたほうが儲けられます。

 

ただ、同じ会社でも状況によってスプレッド幅は大きくなったり小さくなったりします。

 

ドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの広さであっても為替相場の上下動がかなり大きい状況では1銭よりも大きくなったりします。

 

という事で、スプレッドが狭いのと合わせて変わらないということが肝心です。

今では固定したスプレッドの幅を示すFX取引会社も多くあります。

 

現実に取引会社の取引画面の上で本当のレートを確かめなければ見分けられないので面倒ですが大切な事です。

 

重要な資金を賭けて売り買いするのだから本当の売り買いの前に、関心がある会社の新規取引口座開設を積極的にして示されているスプレッドを見ておきましょう。

 

同じ通貨のペアでもボラティリティによって、通貨のスプレッド幅は変わることがあります。

 

一般的には、インターバンクマーケットで取引高が多い外貨ではスプレッドが小さくこの他の外貨ではスプレッドの差が広くなる事があります。

 


関連記事

少しウエストが細くなったかな。
食生活と体操を使ったダイエットの手法がダイエットできる必須ことです。 &nbsp...
ダイエット成功したらしたいこと
食事メニューとエクササイズの両側面からのダイエットの手法がまさに、ちゃんとウェイ...
スプレッドが狭い
「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを売買して儲けを上げる取引です。 ...