三人の子育てをしつつ、会社経営をする
*
ホーム > 注目 > わきがだと自分で分かったんです

わきがだと自分で分かったんです

わきがだと自分で分かったんです。そう、僕が高校生の頃の話しです。

きっかけは母が洗濯物を干しているときに、私の来ている白いTシャツの脇の部分の布が変色していることを言われました。

僕は特に気にしていなかったのですが、母はすぐに「あんたワキガだと思う」と言われました。

まさか自分がワキガだと思ってもみなかったので、それからというもの「臭い」「匂い」という言葉にひどく敏感になりました。

自分の体臭を女の子に嗅がれることが怖くなり、文化祭の作業などでもなるべく近づかないように、距離を置くようにしました。

そのせいで、周りからは私は女の子を嫌っていると思われたらしく高校生活は全然たのしくありませんでした。

社会人になってからも、何か仕事のことで質問をされる時は、女の子が近くにくるのでとっさに距離を置くようになってしまいました。

体に触られたりすることにも、恐怖心を抱くようになり、とにかく匂いがかげる距離には近寄らせないようにしました。

そのせいで未だに彼女はいませんし、男の人とはうまく関係を築けるのですが、女性とは会話すらままならない状態です。

わきがの治し方は簡単で誰でも出来る

関連記事

いつも感謝しております
うちの子はたまたま認可保育園に入ることができた。 順番待ちだったんだけど、妻の産...
わきがだと自分で分かったんです
わきがだと自分で分かったんです。そう、僕が高校生の頃の話しです。 きっかけは母が...
調査と余裕
やっと売買する時という場合では、下準備を手抜きしてはいけません。 トレードを行う...